メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

46.56% 毎月分配型投信のシェア 超低金利で人気陰り

 分配金を毎月受け取れる「毎月分配型投資信託」の純資産が一般的な投信(上場投資信託を除く)に占める割合は、2017年に46・56%となり、協会に記録が残る11年以降では初めて5割を切った。年金を補う目的の高齢者を中心に国内で圧倒的な人気を誇っていた毎月分配型投信だが、元本取り崩しの可能性があるとの指摘や経済環境の変化などを受け、その勢いには陰りが見えている。

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1599文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  3. 象牙市場「即時閉鎖を」 ワシントン条約の元事務局長が日本批判
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです