メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

46.56% 毎月分配型投信のシェア 超低金利で人気陰り

 分配金を毎月受け取れる「毎月分配型投資信託」の純資産が一般的な投信(上場投資信託を除く)に占める割合は、2017年に46・56%となり、協会に記録が残る11年以降では初めて5割を切った。年金を補う目的の高齢者を中心に国内で圧倒的な人気を誇っていた毎月分配型投信だが、元本取り崩しの可能性があるとの指摘や経済環境の変化などを受け、その勢いには陰りが見えている。

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. サッカー日本代表 森保Jウルグアイ撃破 4得点で3連勝
  3. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  4. サッカー日本代表 南野、中島、堂安…世代交代で活性化
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです