メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

46.56% 毎月分配型投信のシェア 超低金利で人気陰り

 分配金を毎月受け取れる「毎月分配型投資信託」の純資産が一般的な投信(上場投資信託を除く)に占める割合は、2017年に46・56%となり、協会に記録が残る11年以降では初めて5割を切った。年金を補う目的の高齢者を中心に国内で圧倒的な人気を誇っていた毎月分配型投信だが、元本取り崩しの可能性があるとの指摘や経済環境の変化などを受け、その勢いには陰りが見えている。

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟女性遺体 不明の知人男性か 遺体を発見
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです