メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 本欄で何度か取り上げてきたのが「稽古(けいこ)」や「修業」。コツコツ続けることの重要性は言うまでもないが、それだけでは足りないと筆者は指摘する。そのことを実感する機会が訪れた。長年、茶の湯の世界に身を置いてきた筆者にとっても得難い機会だったようで--。

 平昌五輪・パラリンピックで、日本人選手らの活躍に感動した方も多かったのではないだろうか。メダルを獲得した選手も、届かずに涙を流した選手も、その練習量は我々凡人では推し量ることのできない時間をかけているに違いない。

 一流の選手は、トレーナーなどの的確な助言と指導のもとで練習を継続していくからこそ成績が上がっていく…

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1727文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]