メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

湯川豊・評 『私はあなたの記憶のなかに』=角田光代・著

 (小学館・1620円)

風変わりな人に出会う楽しみ

 現在、第一線にいる女性作家は、話上手というか、物語の語り方がうまい人が多いけれど、角田光代氏はそのなかでも格別にうまいといえるだろう。

 意外なストーリーの展開のなかで、風変わりだけれども、人を惹(ひ)きつけずにはおかない人間が現われる。そういう人間と数多く対面できるのは、短篇小説を読む大きな楽しみでもある。この本でもそれを満喫できた。

 「父とガムと彼女」の初子さんは、そういう風変わり人間のひとり。語り手の「私」が小学校に通うようにな…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1398文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]