メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『ルポ 地域再生 なぜヨーロッパのまちは元気なのか?』=志子田徹・著

 (イースト新書・930円)

 著者はまず、食いしん坊である。最初に訪れたのはスペイン北部バスク地方にあるサン・セバスチャン市。旧市街には居酒屋「バル」が実に約220軒も軒を連ねるという。登場する地元のおつまみ「ピンチョス」の多種多彩さ。美食クラブ「ソシエダ・ガストロノミカ」(会員制で男性限定!)への潜入談では生唾を飲み込んでしまう。

 この人口19万人ほどの地方都市がなぜ、「美食世界一のまち」と呼ばれるようになったのか。キーとなるの…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文486文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]