メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池内紀・評 『聴くと聞こえる on Listening 1950-2017』=谷川俊太郎・著

 (創元社・1944円)

大きな沈黙に向けた発音練習

 谷川俊太郎の詩のアンソロジーだが、編み方に特色がある。タイトルにそえて「on Listening 1950-2017」とあるとおり、聴くこと、聞こえるものをめぐるテーマから選んであって、計四十六篇。いかなる人が手をかしたか知らないが、シャレたことをしたものだ。

 詩人谷川俊太郎が誕生したのは、昭和二十七(一九五二)年の『二十億光年の孤独』によってである。このと…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1385文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]