メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

養老孟司・評 『ぼくは虫ばかり採っていた』/『絶滅危惧の地味な虫たち』

 ◆『ぼくは虫ばかり採っていた』池田清彦著(青土社・1620円)

 ◆『絶滅危惧の地味な虫たち』小松貴著(ちくま新書・1026円)

抽象せず、実例を積み重ねた先の説得力

 虫の本が二つ重なった。ただし池田の著作では虫はむしろ背景であり、池田の主張する構造主義生物学の概説と、進化や雌雄、クマムシの問題など、池田の考え方の具体例への適用が主体となっている。逆に小松の著作は直接に虫の事例を列挙し、途中コラムとして虫マニアの行状を含めた、環境保全に関する日本社会の現状への思いが述べられている。

 池田の著作は、二十年近くにわたって書き、語ったものを集めている。かといってバラバラではなく、全体と…

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文2074文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 福知山線脱線 「代理受傷」出口探して 兵庫の夫婦が手記
  4. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです