メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『庭』 著者・小山田浩子さん

 ◆著者・小山田浩子(おやまだ・ひろこ)さん

 (新潮社・1836円)

世界ってこんなもんだ

 のんきな人物たちによる、ありふれた物語のように書き起こされながら、ハッと気付くと読者はとんでもない所に宙づりにされている。そんな小説が持ち味の作家による15の短編集。「広い庭」という作品では、主人公の少年が母親の運転する車に乗り、母親の大学時代の友人宅へ遊びに向かっている。「豪農」らしき巨大な家の前に通りかかると<だだ広い駐車場に大きくて平たくて四角い黒い車が一台だけ駐(と)まり、その隣に黒くて車輪が赤いベビーカーが横倒しになっていた>とある。

 伏線、それも極めて不吉な影としか思えないが、物語はどんどん先へ進み、回収されない。あのベビーカーは…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文981文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]