メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『死の貌(かたち) 三島由紀夫の真実』=西法太郎・著

 (論創社・3024円)

 三島由紀夫に関する作品論や研究書はあまたあるが、これほどまでに「真実」の追究にこだわった著作はなかったのではないか。

 本書は、文壇への道を開いてくれた川端康成との恩讐(おんしゅう)▽三島事件を察知しながら「放置」した公権力▽公表されなかった家族宛ての遺書から浮かぶ死の「実相」など4部構成。机上で論を立てるだけでなく、作家を知る関係者らを探し歩いた。膨大な作品群の行間…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]