メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『死の貌(かたち) 三島由紀夫の真実』=西法太郎・著

 (論創社・3024円)

 三島由紀夫に関する作品論や研究書はあまたあるが、これほどまでに「真実」の追究にこだわった著作はなかったのではないか。

 本書は、文壇への道を開いてくれた川端康成との恩讐(おんしゅう)▽三島事件を察知しながら「放置」した公権力▽公表されなかった家族宛ての遺書から浮かぶ死の「実相」など4部構成。机上で論を立てるだけでなく、作家を知る関係者らを探し歩いた。膨大な作品群の行間…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心
  3. 渋谷 ドリームアミさんに歓声 文化村通りで路上ショー
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです