メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

産科の実態伝えたい シビアな現場、魅力も=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

コウノドリ

 大阪の南端にあるりんくう総合医療センター(大阪府泉佐野市)に勤務しています。専門は周産期医療。周産期とは妊娠22週から出生後7日未満までを指しますが、「22週以降しか診ません」という周産期科医はほとんどいません。私も、妊娠前や妊娠初期はもちろん、月経困難症(生理痛)から更年期の諸症状、子宮や卵巣の腫瘍や避妊相談まで診察しています。

 1980年代後半に学生時代を過ごした、いわゆる「バブル世代」です。ドラマで有名な半沢直樹さんと一緒…

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1288文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです