メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

串カツ×ホスピス 病床で味わう、幸せな記憶

イラスト 佐々木 悟郎

 大阪市にある淀川キリスト教病院のホスピス病棟では、毎週土曜に特別な夕食がつくられる。入院する末期がんの人たちからの「リクエスト食」。栄養士らが一人一人から忘れられない味や料理を前日に聞き、ベッドに届ける。

 3月半ばの夜、野山晴生(はるお)さん(66)が待っていたのは串カツ定食だ。「梅田、ミナミ、天満、付き合いでよう飲みに行ったり食べたりしました。串カツはどの店に行ってもだいたいはずれがないね」。ホタテにエビ、イカ、豚、タマネギ……。別添えの器で出されたソースにどぼんっと串を漬けてかぶりついた。

 大阪で生まれ、高卒でデザインの学校に通った後、さまざまな商売をした。30代で空調設備の会社を起こす…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1007文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]