メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波のまにまに

「ヒロシマを生きて」=戸田栄

 広島県の地域面で、本紙OBの山野上純夫さん(88)に「ヒロシマを生きて」という連載記事を書いてもらっている。山野上さんは16歳の時に広島で原爆に遭い、その後、毎日新聞に入社。最初の配属先は広島支局で、復興期の様子にも詳しい。私は広島支局長を務めた時に知り合い、記事に助言をもらったが、それだけでは貴重な証言が埋もれてしまう。昨年秋から連載を開始することができた。

 18回目の先週土曜掲載分で、原爆慰霊碑の碑文を巡る秘話が明かされた。今や知る人も少なくなったが、1…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文974文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. 北朝鮮 地下核実験場の坑道3カ所を爆破 北東部の豊渓里

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]