メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点・府政の課題

2018知事選/4 中小企業 後継者難、打開策は /京都

中小の商店が並ぶ京都市の中心街。平日でもにぎわいを見せる=京都市中京区で、篠田直哉撮影

 府内の経済は観光の好調さに支えられ明るさが広がる。日銀京都支店の昨年12月の京滋地区の企業短期経済観測調査(短観)では中小企業の業況判断指数(DI)がプラス10と5ポイント改善し、1990年2月以降の最高値だった。京都中央信用金庫の担当者も「基調は右肩上がり」とみる。

 約12万ある府内全事業所のうち81%は社員10人未満の零細企業で、社員30人未満の中小企業を合わせると94・3%を占める(2014年経済センサス基礎調査)。

 アベノミクスでは株価上昇や円安進行で府内でも大手製造業を中心に景気回復感が広がった。恩恵は中小企業…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1253文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. 大阪震度6弱 安倍首相、21日に被災地視察
  4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  5. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]