メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイジェリア

ボコ・ハラム拉致の少女ら(その1) 結婚か、奴隷か 自爆決行寸前に脱出

ボコ・ハラムによる少女らを利用した自爆攻撃について証言したハッジャさん=マイドゥグリで2018年3月22日、小泉大士撮影

 ナイジェリア北東部でテロ攻撃を続けるイスラム過激派ボコ・ハラムが、拉致した少女らを「人間爆弾」として利用するケースが激増している。爆発物を体に巻き付けて人混みで起爆させ、市民を巻き添えにする非道な手口だ。生還者が取材に応じ「恐怖や洗脳教育で子供を支配し『自爆テロ犯』に仕立てている」と実態を明かした。【マイドゥグリ(ナイジェリア北東部)で小泉大士】

 2014年、当時16歳だったハッジャさん(仮名)はある村から6人の少女とともに拉致され、カメルーン…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1203文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです