メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 全国知事「調査、国主導で」8割 個人情報の壁

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの強制的な不妊手術が行われていた問題で、毎日新聞が全都道府県知事に実態調査や救済をどう進めるかアンケートしたところ、8割が「被害の実態調査や救済は国の統一した対応が必要」と考えていた。また、2割が独自に調査を始めたか、検討中と答えたが、調査には個人情報保護の課題がある状況も浮かんだ。調査手法や救済のあり方について、国の早期の対応が求められている。

 国の統計資料では1万6475人が強制的な手術を受けたとされるのに対し、都道府県に資料が残るのは38…

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1348文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです