メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ザギトワ優勝 日本勢メダルなし 世界フィギュア
クローズアップ2018

レスリング告発騒動 東京五輪へ改革迫る

 日本の「お家芸」女子レスリングが、栄和人・日本協会強化本部長(57)による五輪4連覇の伊調馨選手(33)=ALSOK=へのパワーハラスメントの告発に揺れている。協会は真っ向から反論したものの、プライベートに踏み込んで過熱する批判の応酬に栄氏側は「人権侵害」と法的手段も辞さない構えだ。伊調選手が口を閉ざしているため、真相ははっきりしないが、本人不在の泥仕合は2020年東京五輪に向け、スポーツ界全体に改革を迫る教訓も多い。【松本晃、小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り2003文字(全文2225文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです