メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羅南国民学校の同級生と語り合う谷守さん(右)=北九州市小倉南区の自宅で3月8日

「女の気持ち」ダイジェスト

 終戦前の朝鮮咸鏡北道にあった羅南国民学校の同級生3人で同窓会を開いた。敗戦後、ソ連の攻撃に遭って別々に逃げ、私と家族は貨車で帰国できた。20年後、キリスト教の集会で1人と再会。もう1人も見つかった。他の友人たちの消息は分からない。3人の同窓会で戦争の悲しさを語り、平和を祈った。<2017年12月13日西部本社版掲載「3人の同窓会」>

この記事は有料記事です。

残り2003文字(全文2184文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです