メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハリルジャパンの現在地

サッカー/下 進むか引くか、決断の時

 1-2で敗れた3月27日のウクライナ戦は個々の力の差を突きつけられた試合だった。

 前半21分、ライン際でボールを持つ相手に、MF長谷部(アイントラハト・フランクフルト)とDF長友(ガラタサライ)が奪いに行ったが、ボールをつながれて先制点を許した。後半24分の2失点目もDF酒井高(ハンブルガーSV)とMF山口(セ大阪)が相手のドリブルに破られたもの。長谷部が言う「個々のレベルアップ(の必要性)に、改めて厳しい現実」が露呈した。

 ワールドカップ(W杯)に向けた苦しい状況は2010年南アフリカ大会の時と似ている。当時は3月からW…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文673文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです