メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ココクール・マザーレイク・セレクション

湖国で紡がれる物語/21 天然菜たね油「菜ばかり」 /滋賀

エコの取り組みで誕生 廃食油まで無駄なく

 添加物などを一切加えていない、菜たね油100%の「菜ばかり」。使っている菜たねは東近江市内の農家さんとの契約栽培で、栽培期間中に農薬を使用せず、遺伝子組み換えでない国産の品種です。コクもあり、香ばしい香りもあり、天ぷら油としても炒めものでもひと味違う風味に仕上がります。「菜ばかり」と塩、バルサミコ酢だけで、とびきりおいしいドレッシングにもなるそうです。

     「菜ばかり」は、NPO法人愛のまちエコ倶楽部の取り組み「菜の花エコプロジェクト」から誕生しました。菜の花の種から食用油、搾油後の搾りかすからは肥料、そして使用済みの廃食油からせっけんを作り日々の暮らしで活用されます。

     またこの廃食油からは、バイオディーゼル燃料(BDF)に精製して市のコミュニティバスやトラクターなどで利用し、地域のエネルギーとして還元して、また菜の花を栽培するという地域内資源循環モデルを展開されています。このリサイクルシステムは注目を集め、その活動は今、全国に広がっています。(原則、火曜隔週掲載)<文・写真は県商工政策課>


    メモ

     天然菜たね油「菜ばかり」141グラム500円▽282グラム700円▽470グラム900円▽940グラム1500円(すべて税込み)。

    NPO法人愛のまちエコ倶楽部

     東近江市妹町70。0749・46・8100。

     http://ai-eco.com 


     「ココクール マザーレイク・セレクション」公式ホームページ(https://www.kokocool-shiga.jp/)をぜひご覧ください。一つ一つのセレクションの詳細も掲載しています。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
    2. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
    3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
    4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
    5. 拳銃所持容疑で映画監督逮捕 代表作に小泉今日子さん主演「空中庭園」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです