メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

粗悪学術誌

ネットで急増 査読ずさん、掲載料狙いか

 インターネット専用の学術誌の中で、別の研究者による内容のチェック(査読)が不十分な論文を載せる質の低い学術誌が急増している。研究者から徴収する掲載料を目的として運営している業者もあるとみられ、学術的に妥当とは言えない成果に「お墨付き」が与えられることで誤解が広がる恐れもある。日本の科学者の代表機関「日本学術会議」は対応策を検討する。

 ネット専用の学術誌は「電子ジャーナル」と呼ばれる。1990年代末から急速に広がり、自然科学、人文科…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文986文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]