メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/18 「中国最強」威信懸け

東京・青海のインアゴーラの倉庫では、従業員が中国から注文された商品を次々と箱に集めていく=秋本裕子撮影

 東京と世界を結ぶ物流拠点、青海コンテナ埠頭(ふとう)に隣接する青海流通センター(東京都江東区)の一角。通路の両面に設置された高い棚は雑多な商品で埋め尽くされている。中国向けの電子商取引(EC)事業を手がける「インアゴーラ」の物流倉庫だ。化粧品や菓子、コメ、雑貨、衣料品--。インターネット経由で注文を受け、海を渡って中国各地の消費者の元に届けられる。

 インアゴーラは、中国人の最高経営責任者(CEO)、翁永飆(48)が2014年に創業し、4万種類に及…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1159文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]