メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/18 「中国最強」威信懸け

東京・青海のインアゴーラの倉庫では、従業員が中国から注文された商品を次々と箱に集めていく=秋本裕子撮影

 東京と世界を結ぶ物流拠点、青海コンテナ埠頭(ふとう)に隣接する青海流通センター(東京都江東区)の一角。通路の両面に設置された高い棚は雑多な商品で埋め尽くされている。中国向けの電子商取引(EC)事業を手がける「インアゴーラ」の物流倉庫だ。化粧品や菓子、コメ、雑貨、衣料品--。インターネット経由で注文を受け、海を渡って中国各地の消費者の元に届けられる。

 インアゴーラは、中国人の最高経営責任者(CEO)、翁永飆(48)が2014年に創業し、4万種類に及…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1159文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです