メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ハンマーが打つ物=玉木研二

 <ka-ron>

 現時点で確率はわずかながら、2135年に地球衝突が懸念される小惑星「ベンヌ」をいかにかわすか。

 米航空宇宙局(NASA)などのチームが手だてを研究している。先日報じられたところでは、まずは体当たり。軌道を変えるためで、直径500メートル、8000万トンのずうたいに対し、10年ほどの間に約50回、重い宇宙船「ハンマー」をぶつける。25年ほどかけるなら、10回程度ですむという。つまり、取りかかりは早い方がいい。

 近接してからでは間に合わず、核爆弾使用の検討も、という。穏やかではない。

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1020文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです