メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
月刊相撲

十両、個性派ぞろい 満身創痍のベテラン/新鋭に大きな壁

豪風=川平愛撮影

 横綱で唯一出場した鶴竜の優勝で幕を閉じた大相撲春場所。幕内の盛り上がりの一方で注目を集めたのが、伸び盛りの新鋭、復活を目指すベテラン、実力者と多士済々の力士がしのぎを削った十両の取組だ。元横綱・日馬富士による傷害事件の被害者で3場所ぶりに出場した貴ノ岩や、貴源治とともに史上初の双子関取として注目された新十両の貴公俊(たかよしとし)が付け人への暴行で休場するなど土俵外の話題もあったが、ひと味違う大相撲の魅力に焦点を当てた。【村社拓信】

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1687文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]