メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/11 作家・堂垣園江さんの鉱石 手のひらに悠久の輝き

趣味で収集する鉱石をルーペで見つめる小説家の堂垣園江さん=大阪市北区で、貝塚太一撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

メキシコ暮らしで開眼 「産地限定」にときめき

 海外の内乱、移民などをテーマにした硬派な小説から、浪華(なにわ)を舞台にした柔らかなタッチの作品まで気鋭の作家、堂垣園江さん(57)の世界は縦横無尽に広がっている。

 桜が開花し始めた先月下旬、重そうなリュックを背負った堂垣さんが現れた。毎日新聞の応接室。「あー、しんど!」とひと言。自宅の書斎が資料や本の山でのっぴきならない状態らしく、それでは、と足を運んでいただいた。

 中から取り出したのは新聞紙に包まれた鉱石の数々。「ほとんどが地味な色をした原石だが、ごく一部には丹…

この記事は有料記事です。

残り1569文字(全文1841文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. アメフット 関学大選手側が被害届 悪質タックルで負傷
  5. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]