メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『私はすでに死んでいる』アニル・アナンサスワーミー/著

自己を揺さぶる病気が問いかける自己の正体

◆『私はすでに死んでいる』アニル・アナンサスワーミー/著、藤井留美/訳(紀伊國屋書店/税別2200円)

 本書はとても衝撃的な症例の紹介から始まる。自分が死んでいると思い込んだり、身体の一部や臓器が喪失(あるいは腐敗)してしまったと主張したり、逆に不死感を持つこともある「コタール症候群」。初めてコタール症候群の診断が下された19世紀のエピソードや、現代の患者と対峙(たいじ)した医師へのインタビュー、患者の脳の検査結果など、さまざまな角度から、脳の機能障害とゆがんだ「自己」との関わりを探っていく。

 この病を皮切りに、〈自己感覚〉を混乱させる他の病についても、章別に紹介されていく。自己感覚とは、脳…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  4. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」
  5. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです