メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート2018

北朝鮮の「対話と圧力」=古川勝久(安全保障問題専門家)

金正恩氏=大貫智子撮影

 今年もほぼ毎週、北朝鮮の動向が世界のメディアを賑(にぎ)わしている。昨年まで北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射試験を繰り返し、朝鮮半島の軍事的緊張が高まったが、平昌オリンピックへの参加を機に、一気に融和ムードへ転換させている。軍事的緊張をテコに外交的妥結を図る、北朝鮮の「瀬戸際外交戦略」は今も健在だ。

 米国へのアプローチもよく計算されている。昨年、北朝鮮は米国務省と協議していたが、国務省と大統領の不…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文733文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 村田、進退明らかにせず 敗戦後、睡眠30分
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. サウジ記者死亡 騒がれパニック、首絞める 「殺意ない」
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです