メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

内堀雅雄知事 国は当事者の責任を 「復興期間」後の道筋明確に /福島

 --東日本大震災から7年が経過した。原発事故に伴う避難指示の解除は進んだものの、解除地域に帰還するのはお年寄りが多く、高齢化は深刻だ。

 一番大事なのは、医療や介護の提供体制だ。すでに開所している楢葉町の県立診療所に加え、4月には富岡町で24時間365日救急医療を提供する「県ふたば医療センター付属病院」が開院。これで広域的な医療体制が整う。介護施設においては、入居者へのケアが十分できるよう職員不足を解消するための財源を確保している。

 --若者世代に戻ってもらうという観点も必要では。

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1711文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内田正人さんが死去、82歳 コーラスグループ「ザ・キングトーンズ」リーダー
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  4. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省
  5. 東海第2原発 住民説明会が終了 県主催で6カ所、延べ753人参加 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです