メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/19 AI時代、危機を好機に

伊藤忠商事本社の情報・金融部門と米シリコンバレーの事務所をテレビ電話でつないだ会議=3月13日、小川祐希撮影

 「例えばどんな企業があって、どうやってもうけているの?」。3月13日午前8時半、伊藤忠商事東京本社と米シリコンバレー(カリフォルニア州)をインターネットでつないだテレビ会議。情報・通信部門長補佐(当時)の佐藤浩毅(49)は、現地に駐在する土川哲平(43)から「米国ではAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の開発者向けの情報共有サイトを運営する企業が注目されている」との報告を受け、質問を返した。

 駐在員は、最先端のIT関連企業やファンドが集積するシリコンバレーで情報収集に当たり、月1回程度、東…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1157文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]