メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 政治改革

政治改革関連法案(小選挙区274、比例代表226)が否決された1994年1月21日の参院本会議。自民党の造反者が5人にとどまったのに対し、与党・社会党会派から17票もの大量反対票が投じられた

 1993年の細川護熙政権誕生で自民党が下野し、戦後38年間続いた「55年体制」が崩壊した。「政治とカネ」の問題がクローズアップされたリクルート事件(88年発覚)への反省から政治改革の必要性が強調され、衆院選に小選挙区比例代表並立制を導入する政治改革関連法が94年に成立した。その成否と現在への影響は。細川元首相(80)と当時を振り返る。【聞き手・南恵太】

この記事は有料記事です。

残り3577文字(全文3755文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ
  3. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  4. 「戦国テンプレート」発売 武将の家紋、手軽に コクヨ滋賀
  5. 大麻所持容疑 「様子おかしい」と学校が通報 中学生逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです