メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

燃費規制強化見直し カリフォルニア州など反発

 【ワシントン清水憲司】米環境保護局(EPA)のプルイット長官は2日、オバマ前政権が決めた自動車の燃費規制の強化について「現実に適合しておらず、高すぎる基準だ」として見直す方針を発表した。ただ、燃費規制で連邦政府と並ぶ権限を持つ西部カリフォルニア州が反発しており、決着には時間がかかりそうだ。

 オバマ前政権が決めた燃費規制は、自動車各社に全車種の平均燃費を2025年までに、1ガロン当たり54・5マイル(1リットル当たり約23キロ)まで段階的に引き上げることを求めた。米国では燃費の悪い…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです