メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スイス・EU

関係に亀裂 欧州の交差点、人の移動の自由制限

スイスの国会にあたる連邦議会議事堂。州の紋章のステンドグラスや建国の同盟を結んだ代表者の石像などが設置され、見学者でにぎわっている=ベルンで2018年2月20日、三沢耕平撮影

 永世中立国で知られるスイスと欧州連合(EU)の関係にあつれきが生じている。EUに加盟していないスイスはEUと多数の個別協定を結ぶことで加盟国並みの恩恵を受けてきたが、その見直し作業を巡って対立。EUの基本理念である「人の移動の自由」を定めた協定を破棄する動きもあり、「スイス版ブレグジット(英国のEU離脱)」の懸念が強まっている。【ベルンで三沢耕平】

 「私たち移民に対する冷たい視線を感じることがある」。首都ベルン中心部の飲食店で働くアレンさん(40…

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1330文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです