メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

それは戦時下だった/1 陸軍、富士山で航空医学研究

富士山頂で航空医学を研究していた陸軍軍医学校の旧富士分業室(中央左)。手前の建物は気象庁富士山測候所=1968年12月撮影

 <くらしナビ・環境>

 富士山頂「剣ケ峰」(3776メートル)の北約200メートル。西安河原(にしやすのかわら)と呼ばれる平たん地に、登山者がほとんど目もくれない建物の土台らしいコンクリートが広がっている。太平洋戦争まであった陸軍軍医学校軍陣衛生学教室の富士分業室の名残だ。ひっそりと、軍用機のパイロットに与える高空の影響と対策に関する「航空医学」を研究していた。

 開所は1938年8月で、木造平屋建て2棟、床面積計約290平方メートル。夏なら15人の宿泊、越冬も…

この記事は有料記事です。

残り1960文字(全文2192文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです