メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・環境

「温暖化対策せず」5.4度上昇 気候変動の影響予測、国が報告書

大雨で山が崩れ土砂が広がる集落=福岡県朝倉市で2017年7月6日午後2時28分、本社ヘリから大西岳彦撮影

 地球温暖化抑制の有効な対策を取らなかった場合、今世紀末の平均気温は現在と比べ最大で5・4度上昇するなど、国内での温暖化の影響予測をまとめた報告書「日本の気候変動とその影響」を環境省などが公表した。温暖化影響への対応「適応」を強化する「気候変動適応法案」が今国会で成立する見通しで、報告書は被害軽減策の計画策定や実行に役立てる狙いがある。

 報告書は、同省などが最新の研究成果などを基に2009年から公表している。今回は13年以来5年ぶりの…

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1151文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです