メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療事故

防ぎたい 遺族ら署名、10年100回 届け出低調「制度改善を」

医療事故調査制度の改善を求めてチラシを配る遺族ら。この日が99回目の街頭署名活動だった=東京都品川区で2018年3月17日、熊谷豪撮影

 医療事故の遺族らでつくる「医療版事故調推進フォーラム」が、公正な事故調査制度の実現を求めて10年前から毎月続けてきた街頭署名が、8日に100回を迎える。活動は2015年の制度発足の原動力になったが、運用を巡る課題も多い。遺族たちは「被害者の一番の願いは、事故を再発防止につなげること。そのために今後も活動を続けなければ」と力を込める。【熊谷豪】

 日本で医療の安全が大きくクローズアップされるようになったのは1999年。この年、横浜市立大病院の患…

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1367文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです