メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

燃費規制見直し表明 カリフォルニア州などが反発

 【ワシントン清水憲司】米環境保護局(EPA)のプルイット長官は2日、オバマ前政権が決めた自動車の燃費規制の強化について「現実に適合しておらず、高すぎる基準だ」として見直す方針を発表した。ただ、燃費規制で連邦政府と並ぶ権限を持つ西部カリフォルニア州が反発しており、決着には時間がかかりそうだ。

 オバマ前政権が決めた燃費規制は、自動車各社に全車種の平均燃費を2025年までに、1ガロン当たり54.5マイル(1リットル当たり約23キロ)まで段階的に引き上げることを求めた。米国では燃費の悪い大…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです