メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学術会議

軍事研究か審査26% 規制声明受け調査

研究の適切性を技術的・倫理的に審査する制度を設けたか?

 日本学術会議は3日の総会で、昨春決議した軍事研究を規制する声明を受けて、全国の大学や研究機関の13%が、内部での研究が軍事研究かどうかを審査する制度を新たに設けたとの調査結果を公表した。声明が出る前から設けていると答えたのは13%で、合計しても26%にとどまった。

 学術会議の声明を受けて実態を把握するために調査した。文系の単科大や教育大も含む全国立大をはじめ、主な公私立大や研究所183機関を対象に2~3月にアンケートし、135機関が答えた(回答率73.8%)。

 声明は、研究の適切さを審査する制度を設けるよう大学などに求めた。特に、防衛省が防衛装備品への応用が…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文765文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです