メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

最後まで気持ち込め

 春の熱戦が幕を閉じた。90回記念のセンバツ。東日本から21世紀枠で初出場したのが秋田県立由利工だ。地元支局長として、昨秋の大会から甲子園までその成長ぶりを見守ってきた。

 かつては、地域の人から「通学時の自転車のマナーが悪い」と苦情が寄せられていた。「地域に愛される学校」を目指そうと、数年前から野球部員が率先して学校改革に取り組んだ。

 あいさつは立ち止まり「こんにちはっ」と前傾20度の角度でおじぎするこだわりぶり。手作りの木のおもち…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文443文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 訃報 穂積隆信さん 87歳=俳優 「積木くずし」執筆
  3. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 訃報 田中信夫さん 83歳=声優、サンダース軍曹役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです