メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

最後まで気持ち込め

 春の熱戦が幕を閉じた。90回記念のセンバツ。東日本から21世紀枠で初出場したのが秋田県立由利工だ。地元支局長として、昨秋の大会から甲子園までその成長ぶりを見守ってきた。

 かつては、地域の人から「通学時の自転車のマナーが悪い」と苦情が寄せられていた。「地域に愛される学校」を目指そうと、数年前から野球部員が率先して学校改革に取り組んだ。

 あいさつは立ち止まり「こんにちはっ」と前傾20度の角度でおじぎするこだわりぶり。手作りの木のおもち…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文443文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです