メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

温暖化、自治体も苦慮 適応策 毎日新聞調査

 地球温暖化による異常気象や農作物の品質低下などといった被害を軽減する「適応策」の推進に、自治体が苦慮している実態が毎日新聞の全国調査で明らかになった。既に影響が出始めているものの、将来の被害予測が十分でないため、予算の確保や効果的な対策作りに支障があるという。国は法整備で自治体へのサポートを狙うが、影響の予測には、手法の不足や不確実性があるなど課題も多い。【渡辺諒、斎藤有香、大場あい】

この記事は有料記事です。

残り2152文字(全文2348文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです