メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地下鉄サリン事件

遺族の23年間 報道機関と被害者「信頼関係が必要」

地下鉄サリン事件被害者遺族の高橋シズヱさん=東京都千代田区で3月8日、中村藍撮影

 オウム真理教による一連の犯罪の刑事裁判が終わった。13人が亡くなり、6000人以上が負傷した1995年3月の地下鉄サリン事件で夫を失い、突然、犯罪被害者の遺族になった高橋シズヱさん(71)は、「被害者の会」の代表世話人を務めながら、四半世紀にわたり報道機関と被害者とのあり方も問い続けている。報道と向かい合った23年間を振り返るとともに、これから報道に求めることを語った。【川名壮志】

 ◆営団地下鉄(現東京メトロ)霞ケ関駅助役だった夫の一正さん(当時50歳)が駅で亡くなった。「犯罪被…

この記事は有料記事です。

残り2464文字(全文2707文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  3. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  4. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  5. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです