メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

朝日新聞襲撃事件 「未解決」社会を不安定に

朝日新聞阪神支局襲撃事件を伝える毎日新聞1987年5月4日朝刊1面(東京本社最終版)

 政治的テロによって記者が殺害される事件が国内で起きた。

 1987年5月3日午後8時15分ごろ、兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局2階編集室に目出し帽の男が侵入し、犬飼兵衛記者(当時42歳)、小尻知博記者(当時29歳)に散弾銃で発砲。小尻記者は死亡、犬飼記者が重傷を負った。

 広島県呉市出身の小尻さんは盛岡支局を経て、阪神支局に勤務する6年目の若手記者だった。

 3日後、「赤報隊」名で「すべての朝日社員に死刑を言いわたす。きょうの関西での動きはてはじめである」…

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1370文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷が奪三振ショー 7回無失点で降板
  2. サッカーキング セルジオ越後氏、日本代表は「監督の去就しか見出しにならない」「20年で何も変わっていない」
  3. 大谷翔平 エンゼルス監督からは“三刀流の宿題”(スポニチ)
  4. サッカー日本代表 ハリル監督を解任 会長が本人に伝える
  5. 大リーグ 大谷が2勝目 圧巻の奪三振ショー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]