メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

朝日新聞襲撃事件 「未解決」社会を不安定に

朝日新聞阪神支局襲撃事件を伝える毎日新聞1987年5月4日朝刊1面(東京本社最終版)

 政治的テロによって記者が殺害される事件が国内で起きた。

 1987年5月3日午後8時15分ごろ、兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局2階編集室に目出し帽の男が侵入し、犬飼兵衛記者(当時42歳)、小尻知博記者(当時29歳)に散弾銃で発砲。小尻記者は死亡、犬飼記者が重傷を負った。

 広島県呉市出身の小尻さんは盛岡支局を経て、阪神支局に勤務する6年目の若手記者だった。

 3日後、「赤報隊」名で「すべての朝日社員に死刑を言いわたす。きょうの関西での動きはてはじめである」…

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1370文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです