メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 北海道の通知 「安心」過剰に強調

北海道が開示した通知のコピー。「(不妊手術の)申請書を積極的に提出するようご配意願いたい」と記されていた=4日、竹内幹撮影

子ども生まれなくするだけの手術

本人、親権者の同意、費用必要なし

 「男は精管を、女は卵管を結紮(けっさつ)してただ子どもを生まれなくするだけの簡単な手術」「本人や親権者の同意、費用の心配は必要ない」--。北海道が知的障害児施設に対し、入所者への強制不妊手術の審査申請を「積極的に提出するよう」求めた1951年8月の通知は、本人や家族、施設側にいかに安心でき負担が小さいかを強調していた。【田所柳子、日下部元美、安達恒太郎】

 通知は札幌市と江別保健所(現江別市)管内にある3施設あてで、審査の流れや手術内容などを説明していた…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  2. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです