メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士、金井宣茂さんが操作するロボットアームでキャッチされたドラゴン宇宙船(上)=4日、NASAテレビから

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士、金井宣茂(のりしげ)さん(41)は4日、飼育実験用のマウスや飛行士の日用品を載せた米スペースXの無人補給機「ドラゴン宇宙船」をロボットアームでキャッチした。

     金井さんは、補佐役の米航空宇宙局(NASA)の飛行士が手順の確認や地上との交信で支援する中、ISS内のレバーを動かしてロボットアームを操作した。

     マウスは12匹で、強い放射線や無重力など宇宙特有の環境によるストレスの影響を調べるため約1カ月飼育する。金井さんは水や餌やりのほか、ケージを掃除したりマウスから採血したりする。マウスはドラゴン宇宙船で生きたまま地球に戻して尿などを分析。人間が、宇宙に長期滞在する際に懸念される健康への影響の調査や、ストレスを軽くする薬の開発に役立てる方針。

     ドラゴン宇宙船は飛行士の食料や飲み水など計約2・6トンを載せ、日本時間3日に米フロリダ州から打ち上げられた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです