メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手探りの道徳

教科化元年/上 「考える」授業、戸惑いも 書店には評価文例集

道徳の公開授業で語りかける岡本治美教諭。結論を押しつけず、子どもたちの議論の調整役に徹した=東京都国分寺市の市立第五小学校で2月、水戸健一撮影

 ヨットレースで先頭を走るチームの選手が海に投げ出された。メダルを狙える後続のチームはレースと人命救助のどちらを優先すべきか--。東京都国分寺市立第五小学校で2月にあった道徳の公開授業。「海に落ちたのを見て後ろの選手はどんなことを考えたのかな」。担任の岡本治美教諭が4年生の27人に問いかけると、次々と手が挙がった。

 題材は1964年の東京五輪でライバルを救った兄弟の物語。「命は取り戻せないけど、メダルはまた狙える…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1438文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]