メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「塩を扱ってくれないか?」。世界のお茶やハーブを輸入している日本緑茶センター会長の北島勇さん(78)に友人を介して米企業の相談が寄せられたのは1980年だった。売り込んできたのは「クレイジーソルト」。ハーブが入った岩塩で、北島さんがハーブを扱っていると聞いて連絡してきた。

 ただ、当時、塩は専売制で日本専売公社にしか売ることができなかった。北島さんはハ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  5. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです