メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

福井県越前市(津村節子「花がたみ」) 桜が見守る紙すきの技

 「和紙の里」として知られる福井県越前市を舞台にした津村節子さんの小説「花がたみ」は紙すき業の娘、綾乃の挫折と成長を描く。物語の軸になっている和紙づくりをもっと知りたくなり、越前市を訪ねた。【田中博子】

 23歳の綾乃は見合い相手に婚約を破棄され、世間の目から逃げるように東京に向かう。相次ぐ困難に見舞われながらも懸命に生きる中で、それまで背を向けていた家業の紙すきを誇りに思う気持ちが芽生えていく。

 早春の福井は、日本海側特有のどんよりとした曇り空が広がっていた。ただ、澄んだ空気が心地よく、思わず…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1441文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]