メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

福井県越前市(津村節子「花がたみ」) 桜が見守る紙すきの技

 「和紙の里」として知られる福井県越前市を舞台にした津村節子さんの小説「花がたみ」は紙すき業の娘、綾乃の挫折と成長を描く。物語の軸になっている和紙づくりをもっと知りたくなり、越前市を訪ねた。【田中博子】

 23歳の綾乃は見合い相手に婚約を破棄され、世間の目から逃げるように東京に向かう。相次ぐ困難に見舞われながらも懸命に生きる中で、それまで背を向けていた家業の紙すきを誇りに思う気持ちが芽生えていく。

 早春の福井は、日本海側特有のどんよりとした曇り空が広がっていた。ただ、澄んだ空気が心地よく、思わず…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1441文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです