メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

福井県越前市(津村節子「花がたみ」) 福井県ふるさと文学館学芸員・岩田陽子さん(38)

風土が培う「女の生き方」

 当館特別館長の津村節子さんは福井市に生まれ、小学生の時に東京へ転居しました。「花がたみ」の執筆は芥川賞受賞後、講演のために訪れた今立町(現越前市)で極寒の中、懸命に紙をすく女性を目の当たりにしたことがきっかけでした。

 主人公の綾乃は、今立町五箇の紙すき業の家に生まれました。婚約の破棄や後継ぎの兄の急死などさま…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉
  5. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです