メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

福井県越前市(津村節子「花がたみ」) 福井県ふるさと文学館学芸員・岩田陽子さん(38)

風土が培う「女の生き方」

 当館特別館長の津村節子さんは福井市に生まれ、小学生の時に東京へ転居しました。「花がたみ」の執筆は芥川賞受賞後、講演のために訪れた今立町(現越前市)で極寒の中、懸命に紙をすく女性を目の当たりにしたことがきっかけでした。

 主人公の綾乃は、今立町五箇の紙すき業の家に生まれました。婚約の破棄や後継ぎの兄の急死などさま…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです