メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「LED電球交換を」 笹塚の電器店、知事が一日店長 /東京

 「家庭で使っている白熱電球2個をLED電球1個に無償交換」という都の省エネ促進事業が、実績不振にあえいでいる。小池百合子知事は5日、渋谷区笹塚の電器店を訪れ、商店街の買い物客らに都の取り組みをアピールした。

     事業は小池知事の肝いりで、昨年7月に始まった。事業費は約19億円。都は1年間でLED電球100万個を交換する目標を掲げたが、開始8カ月での実績はわずか約21万個。都は昨年まで、個人経営の電器店などで交換を受け付けてきたが、今年に入り都内のヤマダ電機やビックカメラなどの大型家電量販店に対象を拡大した。

     「一日店長」として赤いエプロン姿で店頭に立った小池知事は、客から持ち込まれた白熱電球を、自らLED電球に交換。「身近な照明をLEDにすることで電気代が安くなり、エネルギーも削減できる。一人一人の家庭の協力で、ぜひ交換を進めて」と呼びかけた。【森健太郎】

    〔都内版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界の雑記帳 英シャーロット王女が初登園、キャサリン妃撮影の写真を公開
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 世界の雑記帳 英ジョージ王子が初登校、緊張の面持ちで教室へ
    4. 森友文書改ざん 佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検
    5. 覚醒剤密輸 家族旅行装い、夫婦逮捕 神奈川県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]