メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルーツを訪ねて

サッカーW杯日本代表候補/2 努力のドリブラー FW乾の恩師、山本佳司さん(54)

2007年1月に全国高校サッカー選手権でプレーする野洲高3年の時の乾(右)

 切れ味鋭いドリブルに優れたパスのセンス。スペイン1部リーグのエイバルでプレーするFW乾貴士(29)の大きな武器だ。昨年5月に日本人選手で初めて名門・バルセロナを相手に2ゴールを奪った。リーグ戦では今季の4得点を含めて通算10得点を挙げている。

 その卓越した技術は滋賀・野洲高サッカー部で磨かれた。華麗なパス回しや技術で攻めるスタイルが「セクシーフットボール」と称された同部では、技術練習に多くの時間を割いた。12種類あるドリブル練習では相手選手をイメージして、フェイントをかけたり、前方から来る選手を抜いたりする。乾が得意としたのは、リフティングのボールを高く蹴り上げ、それを再び保持するもの。他人の3、4倍練習する彼のドリブル…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文788文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 津のGSで灯油にガソリン混入 消防が注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです