メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手探りの道徳

教科化元年/中 公の答え、探さない 教員の卵、自らにも問いかけ

光村図書の小学6年の道徳教科書に載っている「手品師」。他の7社も高学年で扱っている=東京都千代田区で2018年4月5日、西本勝撮影

 正直な心。謙虚な心。礼儀正しい心。道徳の教科書を開くと、たくさんの「心」が目に入る。「心が傷つくというけれど、どこが何センチくらい傷つくのかな。頭、それとも胸?」。筑波大で道徳教育論の講義をする吉田武男教授(64)は教員の卵に素朴な疑問を投げ掛ける。

 60年間、正式な教科ではなかった道徳は、研究者が限られる。大学の教員養成課程でも、倫理や教育哲学の研究者が道徳教育を教えているのが実情だ。数少ない専門家の吉田教授は「教員になれば、授業の指導案をどう作るかという方法論の世界になる。けれど、教えるべきだとされる価値そのものに疑問を持ちながら、子どもと向き合ってほしい」と言う。

 長く道徳の副教材に採用され、小学校の八つの教科書全てが収録した「手品師」という話がある。売れない手…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文1039文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]