メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳卒中

アルツハイマー薬応用でリハビリ効果アップ

 脳卒中後のリハビリ効果を大幅に高める可能性がある薬を見つけたと、横浜市立大と富士フイルム傘下の富山化学工業(東京)などの研究グループが6日付の米科学誌サイエンスに発表した。もともとアルツハイマー病の薬として開発されたもので、マウスとサルの動物実験で効果を確認した。富山化学工業は今秋以降に約40人規模の患者に治験を始める。

 この薬は脳卒中で損傷した部分に効き、リハビリと併用すると脳の情報伝達をつかさどる「受容体」の働きを…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです