メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

わが解体、佐川氏の場合=伊藤智永

(中央上)佐川宣寿前国税庁長官(左下)高橋和巳=コラージュ・松本隆之

 どういう成り行きだったか、野中広務官房長官(1月逝去)と財務省出身の秘書官X氏、イヤホンをはめたスーツ姿で野中氏の背後に張り付く要人警護官(SP)、番記者の私、この4人で食事をしていた。

 野中氏が笑いながら言う。

 「秘書官なんかなって、ほんまX君は気の毒や。僕が暴漢に襲われたら、SPはX君を人間の盾にして次の襲撃に備えるんだと」

 野中氏は警察庁長官が狙撃された当時の国家公安委員長である。思わず聞き返した。

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文1890文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです