メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

わが解体、佐川氏の場合=伊藤智永

(中央上)佐川宣寿前国税庁長官(左下)高橋和巳=コラージュ・松本隆之

 どういう成り行きだったか、野中広務官房長官(1月逝去)と財務省出身の秘書官X氏、イヤホンをはめたスーツ姿で野中氏の背後に張り付く要人警護官(SP)、番記者の私、この4人で食事をしていた。

 野中氏が笑いながら言う。

 「秘書官なんかなって、ほんまX君は気の毒や。僕が暴漢に襲われたら、SPはX君を人間の盾にして次の襲撃に備えるんだと」

 野中氏は警察庁長官が狙撃された当時の国家公安委員長である。思わず聞き返した。

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文1890文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]